沖縄欧州文化連合会

Association culturelle d’Okinawa
(沖縄への招待と発見)
クリック (琉球舞踊の動画) → 
ホーム  

◆◆--- トピックス ---◆◆


◆◆

長寿の島のヒミツ探る フランスのキュルティ博士が沖縄訪問

【久高泰子通信員】
栄養治療法学の設立者で世界的に著名なジャンポール・キュルティ博士がこのほど、医療従事者やヨガ教師、教育、報道関係者ら30人余と来沖した。


(マイクを手に講演する鈴木信博士(奥左から2人目)とキュルティ博士(同3人目)=那覇市内)

 那覇市内であった共同討論では、キュルティ博士と、沖縄長寿研究の著書がある鈴木信博士が長寿、健康などをテーマに探求を深めた。
 鈴木博士は、健康で長生きの人が多く住む地域を指す「ブルーゾーン」について話した。沖縄はこの地域の先端と見なされているが、「沖縄の長寿の人たちは環境に恵まれた人生ではなく、悲惨な地上戦を生き抜き、身内を失い、後遺症やストレスも抱えている。しかし、恐ろしい戦争を二度と子孫たちに体験させないために戦争を阻止するという使命感で強く生きる力を得ている」と紹介した。
 キュルティ博士は沖縄食や生活様式を分析。「戦前の沖縄食と、現代も強く残る沖縄の模合、ユイマールなどの相互扶助の伝統的社会風習をユネスコ(国連教育科学文化機関)無形文化財に登録すべきだ」と何度も力説した。
 参加者は、200人以上の応募から選抜された30?70代。多くは40?50代で、フランスやスイス、カナダ、ベルギー、インドネシアなど幅広い地域から参加があった。
 一行は、美ら海水族館や牧志公設市場、西表島のマングローブなど観光を楽しんだり、ゴーヤーやモズク、シークヮーサー、長寿草といった沖縄食材の成分と効能の説明を受けながら食事をしたりした。大宜味村では民家に宿泊し、長寿の高齢者らと懇談した。
 参加者は沖縄滞在に満足し、帰国後も沖縄熱が冷めやらず、誕生会の模合や連帯感をネットで結束しようと意気込んでいる。この企画は「新老人の会」沖縄支部と沖縄欧州文化連合会の主催。行程の様子は、健康の情報誌や「オキナワ早巡り」というウェブサイトに掲載される。
[ワールド通信員ネット]
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/209048
(沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス)


◆◆


パリ5区市役所で有名な詩人 がパリで発刊
会を開き、我が会はコンサートをしました。

(左の写真をクリックするとユーチューブ動画が見れます)



※ 2年間ほど、沖縄への往来と怪我の為、三線が弾けない状態でした。
しかも、このコンサート依頼があった時には、 沖縄に立つ半月前。
しかし、我が会の幹部会員は私の留守でも、
会を運営してくれた何時も忠実な人たちでした。

我がサイトは他にもあり、
ユーチューブサイト(エラン管理)の Culture Ryukyu のサイトをご覧ください。

◆◆

2017年11月に9日間、私(泰子)は沖縄滞在でした。
健康関係会社が私の旅費、滞在費、食費等すべて支払ってくれました。
目的を果たすべく通訳兼案内をしました。
35人の一行との随行旅行・移動等で忙しく、下記についての来沖でした。

 
栄養治療法学の開発者として知られる世界的著名な
仏国の医学博士(キュルティ博士)。
世界中、この理論講演依頼の為に駆け回っている。
今回も、取材と講演のために沖縄を訪問した。

(左の写真をクリックすると案内とプログラムのパンフレットが見れます)



◆◆

当連合会は2016年の第6回ウチナ-ンチュ大会に参加。
うまんちゅ交流際「ハイサイステ-ジ」の10月29日土曜日(16時)公演したのが下記の写真。

    欧州文化連合会の主宰者「泰子」は三線・民謡等の
沖縄文化関係だけにとどまらず、他国の音楽・ダンス
にも興味を持ち、他文化との融合にも積極的関心を
注いでいる。今回はアルゼンチンタンゴに挑戦し、年齢を感じさせないほど、パワフルに実践活動している。
まさに、沖縄のチャンプルー(混合)文化である。

(左の写真をクリックするとタンゴの動画見れます)

(追加もしました)



◆◆

    主宰者「泰子」沖縄に戻って、三線免許合格して取得し、証書を
手にフランスに帰る。
そして、琉球民謡芸能協会 フランス支部を立ち上げ、
教師としても活躍し欧州文化連合会を盛り上げる。
(ここをクリックして写真画像を参照)




◆◆

    主宰者「泰子」の三線と息子の太鼓との合作演奏をYOUTUBEで披露

      (息子エランのサイトはこちらから



◆◆

 沖縄の各新聞でフランス・パリの話題を発信

 ・琉球新報からの発信('15.7/13 )

     世界のウチナーンチュ 石垣牛、パリで好評 金城ビーフが試食会

 ・沖縄タイムスからの発信('15.8/31 )

     和牛と音楽パリ魅了 欧州団体沖縄を発信 試食会・宮永英一コンサート



◆◆ 沖縄のロック

◆◆
この「沖縄.欧州文化連合会」のサイト主宰者、久高泰子氏の後輩にあたる島袋力夫
氏が 第1回東京シャンソンコンクールのフランス語部門で準グランプリに選ばれた。
その時のシャンソンを動画で見れます。 どうぞ、こちらをクリック!

言語を選択
当会概要・活動
日本語    
イベント情報
旅行 
文化
コンタクト





























当サイト連合会は2016年
第16回大会に参加
↑ クリックして。
パンフで説明
沖縄三線クラブ
 

フランスよもやま話
 
各情報サイト紹介
 

  Association Okinawaculturefj  沖縄欧州文化連合会    Presidente : Yasuko KUDAKA
クリック   88. avenue Jean Jaures 75019 PARIS  FRANCE 
  Fax : 33 1 42 02 10 65  ;  Tel : 0033 06 1940 0498  ;   E-mail : okinawaburo@hotmail.com