親父の戦争
写真をクリックすると動画が見れます。下段には各巻のあらすじが述べられています。
          
  第32軍司令部
(首里城地下壕)
 首里地下壕撤退
集中砲火のなか南下
 南風原野戦陸軍病院へ
司令部から伝令任務
  南部島尻へ斬込任務
途中いろんな事に遭遇
  任務の途中高嶺で直撃
17人中1人のみ生き残る
 深手を負い身を引きずり
真壁大爆撃で又も一命を
 
 
    10 11 12 
  民家のざわめきが…
ただひたすら摩文仁へ
 摩文仁ヶ丘の中腹を進む
不思議な現象に遭遇
 バス降りて徒歩で説明
変わり果てた司令部通路
  司令部にて傷手当て
司令官より解散命令
 標準語より方言が...
その意味するところは?
  エピローグ、話は一段落し
周囲の観光客に説明
 
 
各巻の簡単なあらすじ (ここを読むだけでも録画の大体の内容がわかります。)


 
  
第1巻(第32軍司令部_首里城地下壕)
この第1巻目についての大まかなあらすじは、
首里城の下にある第32軍司令部壕の内部構造や出入り口の場所を説明。
入り口は2つ、途中一本の坑道になったところに司令部室があり、
出口近くなると2つに分かれたとのこと。最後に残った97人の兵隊が
壕の出入り口を爆破し、中に入れないようにしたとのこと。

第2巻(首里地下壕撤退_集中砲火の中南下)
この2巻目についての大まかなあらすじです。
牛島中将率いる司令部が南下撤退する為に壕を出た数時間後、自分達も出る。
途中仲間2人がやられた為、彼らを病院へ運ぶ決死隊4人の1人として名乗り出る。
首里から南下する所に山部隊野戦病院があり、そこに担架で運ぶ。
病院と言っても壕であり、中は板敷きで敷き詰められており、阿鼻叫喚の
負傷者で溢れ、死んだ者は外に置き去り。止まない艦砲射撃の為、外に出ることは
危険であり、壕の出入り口付近は無数の砲火により、死体が散り、雨季の為
肉片と土が雨によってジューシーに赤く染まり臭気が漂っていたとのこと。

第3巻(南風原野戦陸軍病院へ_司令部から伝令任務)
この第3回目についての大まかなあらすじです。
南風原の兼城十字路周辺は、与那原と那覇港沖合い、そして中部戦線からの
集中砲火で死体の山、そこを何とかすり抜けて通ることができた。
つい前迄は、首里地下壕の司令部から南風原病院への3回の伝令命令を遂行する為に、
そこを行ったり来たりしたもんだが、今回は撤退と斬り込み任務を帯びて、
もう戻ることはないないであろう戦線の敗退移動である。

第4巻(南部島尻へ斬込任務_途中いろんな事に遭遇)
この4巻目は、司令部が首里からの撤退後、鉄血勤皇隊4個班に結成され、
それぞれ班長(伍長・軍曹)の下、玉城・具志頭・高嶺・糸満の4つに分かれた。
命令は斬り込み隊の任務であり、各自手榴弾5個、煙草5個が渡された。
その任務遂行中に、那覇港より放たれた一発の艦砲爆弾がすぐ側の小山に当り、
不発のその爆弾が目の前に転がり落ちた。直径45センチ程型の砲弾だったとのこと。
人の運命の不思議さに、何か神めいた、名状しがたい思いがあったそうだ。

第5巻(任務の途中高嶺で砲撃受け_17人中1人のみ生き残る)
この5巻目は、一生忘れられない、そして子々孫々まで語り継ぐべしと
自分に言い聞かせる...九死に一生の出来事である。
斬り込み隊任務の途中、高嶺村にある屋敷に兵隊、民間人の計17人が寝ているときに
一発の艦砲射撃で自分一人以外全て即死。砲弾の破片で体中血だらけのところ
民間人に助けられるが、「敵が迫ってきているのでもう行きます」と、
生きていながらにして線香をたかれ、それでも飲まず食わずの生き地獄が続く。

第6巻(深手を負い身を引きずり_真壁での大爆撃で又も一命を)
第6巻目についての大まかなあらすじです。
爆弾で1人だけ生き残り、血だらけの中、指突っ込んで破片を取り除き、傷口から
うじ虫が発生するも、生きようとする力が勝り、治療の為野戦病院探しに
亀の如くゆっくりさ迷い歩く。他の傷ついた兵隊と出会い、近くの屋敷に
身を隠すが、そこで見たことは地獄さながら、人間と称する世界観の崩壊であった。
そこの部落の全ての家々が、艦砲射撃により壊滅に至ったのを、自分の目に映し
出されたのだ。自分がいた屋敷以外は全滅... 
そこに映し出された情景は、艦砲射撃の中、母が子を捨てる...
今にも死にそうな首の切れた母のおっぱいを吸う乳飲み子…
死んだ子を爆弾穴にスコップと共に放つ...、などなど。
そのとき感じたのは、人間は最後は自分一人なんだ、自分が一番大切なんだと!
(ここをクリックすると、この想像スケッチ図が見れます)

第7巻(民家のざわめきが聞えるも_ただひたすら摩文仁へ)
第7巻目の大まかなあらすじです。
戦後になってわかったことなんだが、知人・親戚もこの辺に逃れていたようである。
所どころで話し声が聞えるも、何かに引っ張られるように前へ、前へとただ前進。
夜中、兵隊2人に出会い「あそこはもう危ない、戻りなさい」と言うが、もはや
聞き耳持たず、前進のみ。焼夷弾によるものか、村が燃えている。夜中、燻ぶった村を
抜け、雲と見まごう丘らしきものが目に入り、気持ちに一種の明るさを感じる。

第8巻(摩文仁ヶ丘の中腹を横道進むが_不思議な現象に遭遇)
第8巻目の大まかなあらすじです。
深夜、摩文仁(マブニ)の丘に登り、途中横道に沿って歩き続けると、「誰か!」と誰何される。
自分の身分を明かすと、そこで待つように指示される。夜が明けて周囲を調べてみると、
野戦病院らしき跡もなく、少し前に行って見渡すと、敵の前線あり。昨夜のことが
不思議でならないが、その当時の状況は前にも、後ろにも進めず、断念の心境。
あきらめて消沈してうずくまっていると、足元に電話線が目に入る。
そこで又、心臓がどよめき、生きる力が湧いてくる。

第9巻(バス降りて徒歩で摩文仁ヶ丘へ_変わり果てた司令部への通路)
第9巻目の大まかなあらすじです。
ここからは自家用車を離れ、シャトルバスで乗り降りしてから、徒歩による説明をする。
前述の電話線に沿って摩文仁ヶ丘(マブニ)を更に上っていった。
それは、前線より後方司令部への連絡線であった。
司令部壕入口近くで門番みたいな兵隊に誰何され、中へと案内され簡単な治療が施される。
丘から見下ろされる海岸沿いはしかばねでいっぱいだった、と話す。
当時の摩文仁ヶ丘の岩の割れ目は司令部への通路であり、
又、敵攻撃へのゲリラ的戦法の通路でもあったが、現在は埋められてしまっているとのこと。

第10巻(司令部に行き着き傷手当て_その後司令官より解散命令)
第10巻目の大まかなあらすじです。
司令部壕で簡単治療し通院許可は得るが、狭いので近くの壕で休むようにと。
以前は、なだらかな岩盤状で、人が歩いて行き来でき、海辺までも下りることができた。
艦砲射撃により、岩盤は形状が全く異なってしまい、歩けるところではない。
スパイがいて、日本軍の情報が殆ど読まれていたという。
ついに司令部は解散命令を出したとのことで、その後各人は、統制のない動きで、
死に行く人、深手を負うもの、白旗を揚げるもの等、
様々な運命の中で、父の動きは水を求めて、海岸の湧いた溜まり水を血の臭いと共に
飲み、死んでいる兵隊達の側に落ちていたソラマメを口に押し込み... 気を失う...

第11巻(標準語より方言が..._その意味するところは?)
第11巻目の大まかなあらすじです。
前巻(10巻)でも述べているが、水を求めてさ迷ってい時、
どこか壕みたいなところからささやくような話し声が聞える。
「水をくださいませんかー」と声をかけると急に話し声が止んだ。
「ミジクィミソーリ」と同じ意を方言で話すと、
下に湧き水が出ているとの説明が方言で返ってきた。
当時、沖縄方言を話すと他府県兵隊にとっては意味不明なので、
厳重注意で使用不可だったらしい。
スパイの嫌疑はその辺にも向けられていたのだろうか...?

第12巻(エピローグ、話は一段落し_周囲の観光客に説明)
第12巻目は、お話は一通り終わり、周囲で聞き入っていた観光客が前のめりになり、
それに応ずるように、話は繰り返される。
この戦時話は、水を飲んで気を失い、気がついたら米兵に傷の手当を
してもらって助かった、と言うことで終わっている。
沖縄師範学校から熊本の予備士官学校に、そして岡山の予備士官学校に
移動しようとするところ、戦時体制になりつつある自分の出身地沖縄に
戻ることを許され、激戦の中を生き残り、その様子を話しているのである。
一般的に、新聞・雑誌・テレビ等のメディアでは、
悲惨な戦争体験による平和への想いを伝えるのが通常だが、
父の口ぶりからは、鉄血勤皇隊として命令を遂行するため、ただ戦争を生き抜き、
不思議な生命力といようか、自分を鼓舞するようすが窺える。
そして凄惨なる体験を通して、自分の運命を操っている名状しがたい何かに、
想いを引かれ、"今"に至っているようである。
戦後、沖縄南部戦線を思い出し、歩き回り、当時の状況とその周辺・土地との因縁を
調べ上げ、我々祖先へ辿り着き、初めての系図の作成、自分の生家旧屋敷の再建、
仏壇への敬虔なる法事ごと、自分の家族への想い等を達成され、
自分史は終わったのだと思う。
2003年(平成15年)尊敬してやまない我らの父は他界した。享年80歳でした。

《写真をクリックして拡大》


戦時間近の写真か?


上の写真の撮影場所
 
   完